交通事故治療

交通事故治療は施術経験豊富な成田スポーツ整骨院にお任せください

ー交通事故後に遭われた方へー

交通事故で特に多いのが追突事故です。大丈夫だとおもっていたら、2日目以降から痛みだしどんどん悪化していく場合があります。あなたは大丈夫ですか?

交通事故による鞭打ち(ムチウチ)は頚椎のダメージやその軟部組織の損傷が原因となっています。
症状は事故当日から起こることもありますが、翌日、翌々日ぐらいから症状が出始めることが 多いです。とくに車で追突された際に頭が座席から離れていた場合頭部が固定されておらず、首に衝撃を受け、たわむ事により筋、神経組織を痛めます。

 

症状は酷い場合では2週間ぐらいまで悪化していく人もいます。治療は早ければ早いほど効果的です。当院では交通事故によるむち打ちの治療も行っております。

 

経験豊富なスタッフがきちんとフォローさせていただきます。ご不安な点は何でもご相談ください。

ー交通事故の治療は整骨院の専門分野ですー

交通事故でのケガの多くは”むち打ち症”ですが、このむち打ちという症状は交通事故等の衝撃で身体が激しく損傷し、身体に障害が発生することを言います。

この”むち打ち症”は色々な症状があるのですが、代表的な例としては「頚椎捻挫(けいついねんざ)」等といった”捻挫症状”です。柔道整復師を擁する整骨院はその捻挫を保険を扱って治療することが出来る専門家です。

交通事故災害で気を付けたいこと

一口に「交通事故災害」と言っても、首や腰の疼痛・関節の炎症にとどまるものから、神経に障害が及ぶものまで、様々な症状があります。
また、「頭痛、めまい、吐き気、脱力感、こり、張り、手足のシビレ」の様な自覚症状が現れるケースが非常に多くあります。交通事故の後遺症は、臨床上かなり多く、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。

 

もし事故にあったら、まず病院で診断を受け、その診断に基づき整骨院・接骨院での施術やリハビリを進めるといった同時併療をするのが理想です。

“むち打ち症”はレントゲンで判断できません

当院に来院される患者様でよくあるお話が、病院に通っていたがレントゲンでの異常が無いという事で湿布薬や薬の処方をされたが良くならず、通い続けるもいつまでたっても”様子を見ましょう”という領域から抜け出せないというものです。

基本的には、レントゲンで”むち打ち症”の判断は出来ないものと考えてください。

医者が交通事故でレントゲンを撮るという事は、骨の異常を目視で確かめているという事ですが、”むち打ち症”は筋肉や関節等の炎症や微妙な異常によるものです。なので基本的にはレントゲンで”むち打ち症”の判断は出来ません。
また、腰が痛いから腰に異常があるとは限らず、それは身体全てに言えることで、我々柔道整復師はそういった体の異常を触診で確かめながら施術を行います。

前述の通り、むち打ち症は、一見交通事故とは関係ないような症状(頭痛、めまい、吐き気、脱力感、etc…)が現れるケースもあります。我慢せずに、一度当院へ相談ください。

​どんな整骨院に通ったらがいいの?

電気治療メインで行わない接骨院・整骨院

予約制でしっかり時間をかけてくれる治療院

当院では交通事故患者様であっても完全予約制で痛みの除去を徹底して行います。

交通事故患者様を金銭目的で故意に長く通って頂くような整骨院ではありません。

決して金銭目的の整骨院に行かないように気を付けてください。

万が一既に他の接骨院や整骨院へ通っていて治療に満足していない方で

転院希望の方がいましたら患者様ご本人の意思で転院可能です。

保険会社へ連絡して転院の意思を伝えて頂くようお願いいたします。

© 2017 NARITA-SPORTS SEIKOTSU-IN